駐車場経営に関する情報が満載!

駐車場経営と不動産投資どちらが儲かる?

駐車場経営と不動産投資どちらが儲かる? 不動産活用を考える人が気になる問題として、駐車場経営か物件所有による不動産投資のどちらの収益性が高いかです。
マンション経営と駐車場経営を例にとって説明してみましょう。
マンション経営の場合、契約者1人から得る家賃収入は高く、2階3階と建物を積み上げればさらに収入は高くなるでしょう。
ただし、固定資産税の負担やランニングコスト、メンテナンスコストなど多くの負担がかかります。
設備投資費も大きくかかり、借り入れによる物件の所有である場合、返済の負担もかかります。
一方、駐車場の場合、初期のみと限定的で、収入は低くてもコストを抑えて安定した収入が得られるでしょう。
企業や団体に一括して貸した場合、長期的な契約が可能で、賃料は低くても回収手間や契約手間、個人間でのトラブルなどを考えると、企業や団体に貸すメリットは高いです。
物件所有に掛かる空室リスクや経年劣化による耐久性の衰えなども考えておかなくてはいけないでしょう。

駐車場経営のメリットとその仕組み

駐車場経営のメリットとその仕組み 駐車場経営のメリットは、始めやすいという点です。
その経営方法にもよりますが、最も手間のかからない月極め等の方法であれば、立地さえよければ定収が入ることになる上、不正利用防止などの簡単な対策だけで済むので土地の有効利用に繋がります。
また、最近ではサブリースと呼ばれる、駐車場経営会社に土地を貸し、実際の運営はその会社が行って管理手数料などを差し引いた金額を土地の所有者に支払うといった方法が増えています。
この方法では駐車場の管理設備を所有者自らが負担することなく駐車場として運用できるので、非常に簡単な仕組みとなっています。
このサブリースに於いては設備の費用も管理会社が負担するので、月極だけではなく設備が複雑な時間貸しのスタイルでも自己負担が無く経営できるのが大きなメリットです。
また、サブリース以外でも、時間貸しの必要設備をリースで提供してくれる仕組みもあるので、利益と管理の手間を考えて最適な方法を選ぶことができます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>